なぜ壊れたのかを探れば対策が分かる

Choices Contents

  • 困った!リアルな給湯器トラブル体験談

    給湯器からの異音 給湯器が壊れた時の話です。 普通にお湯を沸かすことは出来るのに、追い炊きが出来なくなりました。 稼動はするものの、機械の中で何かかギュンギュン空回りするような異音。その後ずいぶん時間が経ってからでないと追い炊きが始まらないといった状態でした…

    » 続きはコチラ

給湯器の故障する原因を知り修理する

日常的に多くの家庭で給湯器が使われていると思います。これはお湯が出てくるので寒い冬には洗い物や料理をする奥さまの心強い味方です。そんな給湯器も壊れる場合があります。そんなときは故障した原因を知り修理することが大切です。なぜ壊れたかを理解していないと同じ失敗を繰り返してしまうからです。
まず故障した原因が寿命だった場合は素直に給湯器の交換をした方がよいです。だいたい8年から10年ぐらいが寿命と言われています。この場合は修理してもすぐ故障する可能性があるので交換した方がよいのです。
凍結が原因で壊れた場合は配管を修理することで治ります。配管は水が通るところで、凍結の際はここが破裂してしまいます。なのでこの配管を取り替えるなりして修理すれば再び使用することができるのです。この作業は業者に依頼することをおすすめします。
ほこりが原因で故障することもあります。その時は基盤がショートしてしまっている場合が多くそうなると基盤を修理しないといけなくなります。基盤は決して安くはないので、場合によれば交換をした方がよいときもあります。
給湯器は非常に便利なのでなかったときはかなり困ってしまいます。なので日頃のメンテナンスも欠かさずきちんとした使用をしましょう。

「給湯器の故障」修理か交換かの目安

まず1つ目は給湯器の使用年数を確認しましょう。給湯器の一般的な寿命は10年を目安にします。10年を超えてる場合は交換をおすすめします。各メーカーの部品保有の年数は製造を中止してから7年間は保有してます。それを超えると部品製造もストップし後は在庫がある場合のみ対応が可能です。2つ目は給湯器の不具合内容によると思います。例えば、本体からの水漏れがあった場合などです。使用年数にもよりますが7~8年で熱交換器から水漏れがあった場合など交換作業にお金がかかるのでやはり交換をおすすめします。
3つ目はこれも使用年数にもよりますがシャワーを使用中に突然水になってしまう、または熱いぬるいを繰り返して温度が安定しない場合です。やはり修理費がかかる場合が多いと思われます。まとめると、給湯器の使用年数、熱交換器からの水漏れです。お湯の温度に熱いぬるいの波があるまたは突然水になったりしますが、これが取り替えの目安です。最近の給湯器にはリモコンにエラー番号も表示されるシステムになっており、エラー番号もしくは音(エラー音)が鳴る給湯器もあります。故障の際は必ずエラー表示が出ていますのでその番号を控えておき修理を依頼される場合は伝えることをおすすめします。専門家はそのエラー番号で故障箇所を判断します。番号を伝えるだけで早く直る場合もありますので。

Copyright(C)2017 給湯器のトラブルなら任せて安心の修理専門業者ガイド All Rights Reserved.