給湯器の交換はガス扱い会社でも請け負います。

Choices Contents

  • 修理の費用や業者の選び方

    給湯器の修理に悩んだら業者に相談しよう 給湯器の故障に悩む方は全国にたくさん存在し、特に寒い冬から春の時期になると生活に支障が出るほど重要な機器ではないでしょうか。故障の原因は様々で、初心者では直すことが難しいのが現状です。そんな時は実績ある専門業者に見積もりを…

    » 続きはコチラ

給湯器の交換は、訪問支払いのガス扱い会社で請け負っているところもあります。それまでは、灯油を購入してきて、給湯していましたが、一番需要のある冬の時期に、灯油をガソリンスタンドで購入して、専用器に入れておくという手間が省けます。ガス代よりも灯油がすごく安価であれば、やったかいもありおますが、このガソリン等が安価で安定しない時代では、手間の大変さの方が残ります。給湯器の交換は自分では出来ないので、料理用コンロに使用していた家庭用設置ガスボンベの会社に要請して、そのガスを給湯用にも配管してもらって給湯器を設置しました。その会社に在庫であった物なので、最新ではないのですが、十分給湯出来ればよいので、適当で予算内の品物を薦められて決めます。灯油代よりは高いのですが、灯油を購入して入れる手間を見積もると、納得の価格です。高齢になると体力なども無くなるので、定期訪問でガスボンベを交換してくれる方法が良くなります。

水漏れする給湯器の交換

職場で受付をしていた頃の話です。お茶を入れようとして給湯器が水漏れしていることに気づきました。それである有名メーカーに問い合わせしたところ、なかなか対応ができないということで部品などの交換もままならない状態でした。このメーカーの対応の悪さはとんでもないことでした。何度か電話して先方と言い合いになってすったもんだしているところ、現場の上司の室長が見るに見かねて部品をこしらえてくださり何とか修理することができました。この上司がいなければ、水漏れは収まらず大変だったろうと思われます。メーカーも売ったら最後ではなくアフターサービスや故障の対応ができて企業です。もう少し自覚と対応方法を磨くべきではないでしょうか。せめてよくある故障ならそのマニュアルくらいつくるか部品の品ぞろえくらいしておくべきでしょう。

ガス給湯器の交換の前にそれぞれの詳細を知ろう

ガス給湯器はお湯を作るのになくてはなりませんが、これも寿命というのがあって、いずれは老朽が原因の故障で交換をしなければならないときがやってきます。さてその交換の際はなんでもかんでも適当に新しい商品を選ぶわけにはいきません。まず最初に確認するべきことは、これまで使用していた給湯器の規格となります。その規格の1つはお湯を作る量となります。これを号数と呼びます。この号数は10ならば1分間に10リットルお湯が出るを意味します。しかし数字が小さすぎるとシャワーを浴びながら台所などで食器洗いなんてことしてたらどちらかが水しか出ないなんてことになります。これら両方を満たそうものならば24号くらいは必要になります。それから給湯器には暖房機能のあるのとないのに大きく大別されます。ないほうが安いわけですが、それを選んでしまうと単なるお湯だけ出す機能に留まり、風呂用の場合は室内の冷暖房乾燥機能が使えないとか、水だけ浴槽に入れて後から時間かけてその浴槽の水を温めるなどの制約を受けることになります。

Copyright(C)2017 給湯器のトラブルなら任せて安心の修理専門業者ガイド All Rights Reserved.