給湯器の交換はいつ頃が目安か

Choices Contents

  • 給湯器の交換を行わなければいけないとき

    給湯器はお風呂に入ったりお皿を洗うときに使用する人が非常に多いため、日常生活を過ごす上でなくてはならない存在ですが、10年以上の月日の間使用していると、消耗品部分が劣化したり本体機器の調子が悪くなってしまう可能性があります。業者の方に修理依頼を行えば、同じ給湯器を…

    » 続きはコチラ

家庭用ガス給湯器の耐用年数は、家庭の使用頻度にもよりますが、大体10年から15年程度だといわれています。特に水温が低く、お湯を沸かすのにパワーが必要になる冬は給湯器の交換が多い時期だともいわれます。一般的な家庭用のもので10~15年ほどですので企業では、安全上支障なく使用することができる設計標準使用期間をおよそ10年として定めています。では、寿命や故障などのサインはどう見分けて交換したらいいのでしょうか。黒い煙が出ていたり、変な音が出ていたりしたらそれは交換のサインです。それから、お湯張が終わっているのにもかかわらず、お湯が沸いてないという時にも故障を疑った方がいいかもしてません。それなりに値段もするものですし、使えるなら長く使うのにこしたことはないのですが、風邪をひかないためにもこうした買い替えの時期は知っておくといいでしょう。

給湯器の交換について。

家を新築した時にはもう給湯器は付いていて当たり前のように使用していましたが住み始めて10年後くらいに故障してしまい交換時期がやってきてしまいました。ガス会社の方に相談した所、先の10年くらいが寿命という話をされました。ガス給湯器は10万円くらいと言われました。10万円と聞いてビックリしましたがわが家の使用しているガス会社は給湯器のレンタルなるものがあるらしく、毎月ガス料金と一緒に引き落としてくれるそうです。8年と長期間の支払いになりますが少額でしたのであまり負担に感じませんでした。支払い後は自分の物になるそうです。支払っている8年くらいの間に故障などがあってもレンタルなので無料で修理もしてくれるそうです。何より10万円を一括で支払うのは厳しかったのでこのような制度で交換してもらえてありがたかったです。

給湯器の交換はしっかりと見積もりを取ること

お風呂の給湯器が故障してしまったら、新しい物に交換することになります。これは意外と高額な値段となってくるので、しっかりと見積もりと取ることを忘れないようにしましょう。まず、工事をしなければならないので、割と大がかりな作業となることがあります。給湯器の交換を行っている業者、販売メーカーなどはいくつかの選択肢がありますが、性能よりも値段が気になる場合、各社において見積もりを請求しておき比較をします。この作業が結構大事なポイントでもあり、見積もりから予算に見合うところを探すことで、少しは出費を抑えることが出来るようになります。見積もりとしては、商品代金以外にも工賃がいくらなのか、見積もり内容はしっかりと目を通しておくようにしましょう。インターネットを活用して、各社から見積もりを取っておくのがオススメです。

Copyright(C)2017 給湯器のトラブルなら任せて安心の修理専門業者ガイド All Rights Reserved.