給湯器の交換について

Choices Contents

  • 給湯器は交換した方が良い場合もある

    給湯器は長い間使っていると劣化してきます。平均的な耐久年数は10年から15年です。急にお湯の温度が変わる、本体から水が漏れている、ポンプからおかしな音がするといった状態になったら、そのうちに壊れる可能性があります。給湯器の中で一番劣化しやすいのは熱の交換機やプリン…

    » 続きはコチラ

今はとても寒い時期であり、温かいお湯というのはとても大切です。この温かいお湯を出すのに必要な給湯器ですが、給湯器も長年使用していると故障してしまいます。突然お湯が出なくなる時もあります。そんなときは業者にすぐに連絡をして給湯器を交換する必要があります。給湯器を交換する場合、今住んでいる家、マンションなど自分の家にあった給湯器を選ぶ必要があります。業者さんがメーカーなどを調べ、自分の家にあった給湯器の在庫があるか確認します。自分でも事前に給湯器を調べておくのもよいです。自分の家にあった給湯器の在庫があればすぐに取り替えることが可能ですが、無い場合は在庫ができるまで待たなければなりません。そのため1~2週間お湯がでないときもあります。給湯器は交換すれば治ります。焦らずに修理が完了するまで待ちましょう。

給湯器を交換してもらいました

ある日お風呂に入っていると、あまり温まっていない事に気付き、その後数日間何だかおかしいなと思ったので、近くにあるリフォーム会社に連絡をして来てもらいました。すると給湯器の方に問題がある事がわかり、修理をしてもいいそうですが、10年程使っていたので、又壊れる可能性もあると思って、交換してもらう事にしました。見積もりをしてもらったところ15万円と言われ、少し高いなと思ったのですが、その分工事費を2万円程割引してもらえたので、お願いしました。翌日工事してもらえる事が出来、それも3時間程で終わり、しばらく銭湯に行かないといけないかなと思っていたので、とても助かりました。おかげで、温かいお風呂に入る事が出来、よかったです。急に壊れると焦ってしまう事もあるので、時々メンテナンスをお願いした方がいいなとも感じました。

給湯器を交換してもらっていました

ある日実家に帰るとお風呂に入れないと言われました。理由を聞くと、お湯が出ないと言われ、業者に一度見てもらう約束をしたそうです。その間は近所の家にお風呂だけ入らせてもらったり、近くの銭湯に行っていたそうで、冬で寒いという事もあり、早く直したいと言っていました。翌日業者に来てもらったところ、給湯器の交換をすすめられました。親は修理の事しか考えてなかったみたいですが、見積もりをしてもらったところ、一番安い本体を取付けると、工事費込みで8万円くらいで済むことがわかり、お願いしていました。工事は一日で終わり、無事にお湯が復活して、暖かいお風呂に入る事が出来ました。普段何気なく利用しているお風呂も入れない日々が続くととても不便だなと思え、10年くらいすると壊れていなくても変えた方がいいのかなと思えました。

Copyright(C)2017 給湯器のトラブルなら任せて安心の修理専門業者ガイド All Rights Reserved.