修理が必要?悩んだ時は専門業者に相談

Choices Contents

  • 困った!リアルな給湯器トラブル体験談

    給湯器からの異音 給湯器が壊れた時の話です。 普通にお湯を沸かすことは出来るのに、追い炊きが出来なくなりました。 稼動はするものの、機械の中で何かかギュンギュン空回りするような異音。その後ずいぶん時間が経ってからでないと追い炊きが始まらないといった状態でした…

    » 続きはコチラ

給湯器が故障した時に修理を頼むべきか

故障してしまった給湯器を修理に出すべきか悩むこともありますよね。
給湯器が突然壊れてしまったら、お湯が使えなくなり普段の生活にも支障がでてきます。
それでは、給湯器が故障した時の対処法を紹介します。
すぐに業者へ給湯器の修理を依頼するべき場合は、ガスの臭いがした時です。
ガスの臭いがした時は、ガス漏れが発生している危ない状態で、素人が下手に触ってしまうと火災や爆発を起こす危険があります。
業者の方が到着するまで触らないようにしてください。
次に、給湯器が故障した時にチェックしておくべきポイントがあります。
最初に確認するのは電源です。オンになっているのか、給湯器にエラーコードが表示されているのか、などです。
お湯が出ないのであれば水は出るのかも確認してください。
そして、給湯器の交換にしても修理にしても、ある程度はお金が掛かります。
できるだけ安く済ませようと、原因も判明していないのに給湯器を修理することは止めましょう。
素人が理解もせずに給湯器を修理したら、逆にもっと壊れてしまい余計に修理費用が掛かってしまうこともあります。
原因が判明しない場合もプロの業者の方に修理を頼んだ方が良いでしょう。
給湯器の故障について問い合わせる時は、給湯器のメーカーか給湯器の修理や交換をしている業者になります。
各会社のホームページから確認することができますので、調べてみましょう。

炎が黄色くなったら給湯器修理のサイン

台所で給湯器を使っていると油を使う料理をしたときに、煙に油が混じっているため給湯器にも付着していきます。給湯器を点けたときに通常であれば青い炎をしていますが、長いこと使っていると炎の色がオレンジ色になったり黄色い炎が混じるようになってきます。原因は目詰まりを起こして正常に機能していないことが考えられます。定期的にオーバーホールしていけば目詰まり部分もきれいにできますが長年使い続けていると、中の部品が磨耗してくることがあります。そうなってくると部品交換になるか、給湯器本体の交換をしないといけなくなります。また給湯器を使っている最中に火がよく消えてしまうときも、そろそろ交換の時期に差しかかってきています。火を点けたつもりでも消えていると一酸化中毒の原因ともなり、窓を開けないで使用していると大変危険です。冬の寒い時期は給湯器を使う機会も多いですが、窓を閉めっ放しにして使うことも多いので、よく消えてしまうようなら注意が必要です。交換の目安としては炎の色に黄色い炎が混じっていないかを確認しましょう。黄色い炎が少し混じってる程度ならまだ使えますが、青い炎がほとんどなくなってきたら、給湯器の交換を視野に入れて一度点検してもらった方が安心です。

Copyright(C)2017 給湯器のトラブルなら任せて安心の修理専門業者ガイド All Rights Reserved.